あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.11.10 追手門学院大学アメフット部、大麻所持で主将逮捕。

日大の不祥事で開幕した平成30年のアメフット業界。

ようやく試合ができるようになった日大に対して、ここに来て部の主将が大麻所持で逮捕、という最悪のニュースで話題になってしまったのが、追手門学院大学

未成年ではないだけに実名報道となり、もうお手上げ。

これは致命的。

チームのほかの選手は何の罪もないだけに、気の毒すぎます。

 

以下ニュース引用です。デイリーより。

 

 追手門学院大(大阪府茨木市)は9日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、アメリカンフットボール部主将の直圭一郎容疑者(21)=大阪府岸和田市=ら男子学生2人が近畿厚生局麻薬取締部に逮捕されたと発表した。

 大学によると、6日に麻薬取締部から学生2人を逮捕したと連絡があった。麻薬取締部は8日、大学内のアメフット部の部室を家宅捜索した。押収物はなかったという。

 追手門学院大は、全学生を対象にアンケートをするなどして再発防止に努めるとしている。