あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.11.11 旧築地市場、ネズミ駆除で1600匹以上確保。

豊洲に移転した日本の台所ともいえる築地市場ですが、ねずみちゃんたちはそんなことは知らず築地にいたわけです。

いきなりえさが移転してしまい、とまどうねずみちゃんたち。

その数1600匹以上がかわいそうに駆除されました。

粘着シート4万枚で1600匹っていうのは打率としてはいかがなもんなのか、と思いますが、地元住民からすればとりあえず一安心といったところでしょうか。

 

そして豊洲の広大な敷地、まさかマンションとかにしないよね。

人口減ってるのにタワマンとか、意味わからんので。

 

以下ニュース引用です。読売新聞より。

 

 解体工事が始まっている旧築地市場中央区)では、東京都によるネズミの駆除作戦が進んでいる。

 都によると、粘着シート4万枚や捕獲かご600台を設置し、殺そ剤320キロも使って集中駆除を始めた9月以降、約1600匹を駆除。特に閉場翌日の10月11日からの1週間だけで984匹を駆除したという。都の担当者は「今のところ、周囲に拡散したとの苦情はない」と話す。

 集中駆除は今月16日まで続けられる予定。都は現地調査などを行い結果を分析し、駆除を続けるかどうかを検討する。