あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.11.22 NHK、受信料2.5%値下げへ。

携帯料金も来年から大幅値下げとなりますが、NHKも値下げとのこと。

2.5%。。。何それ・・・って感じですが。

来年10月に消費税10%の増税となる見込みですが、そこも負担するとのことですので、4,5%くらいの割引にはなるんでしょうが、受信料取るだけの仕事をしてるのか?と。

 

昭和の時代は「NHKは払うもの」という認識の人が多かったように思えますが、平成、そして新年号となる来年5月以降、当たり前のように受信料をむしりとるNHKに対する風当たりがどうなるのかも注目です。

 

以下ニュース引用です。共同通信より。

 

 NHKが、2020年度に受信料収入の2.5%分を値下げする方向で検討していることが21日、同局関係者への取材で分かった。来年10月の消費税増税分2%もNHKが肩代わりして受信料額を据え置き、実質的に2段階の値下げとなる見込み。27日にも最高意思決定機関である経営委員会(委員長・石原進JR九州相談役)に提示し、議決を得た上で来年度予算に盛り込む。

 口座振替かクレジットカードで2カ月ごとに支払う場合の受信料は現在、地上契約が月1260円。2.5%の値下げが実施されれば、現行から月数十円程度の減額になるとみられる。