あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.11.28 LINEが銀行業に参入へ。

LINEが銀行業に進出する、というビッグニュースが入りました。

最近の大型参入ではローソン銀行がメジャーでしたが、それを上回るイメージもあるLINEの参入。

わたしはスタンプすら買わない無料ユーザーなので、バンクを愛用するかはわかりませんが、日本全国でLINEユーザーが相当数いることからも、利用者はかなりの数になりそうです。

問題はどんなサービスを提供してくるか、ですが、コンビニと直結のセブン銀行ローソン銀行と違い、店舗がないLINE。

果たして手数料含めどう採算を取ってくるのか、注目したいところ。

以下ニュース引用です。毎日新聞より。

 

 「LINE」(ライン)が銀行業への参入を表明したことは、メガバンクをはじめとする既存の金融機関と、ネット上で巨大な顧客基盤を持つITプラットフォーマー(基盤企業)が金融サービスを競い合う時代の到来を象徴する。利用者にとって新たなサービスが期待できる一方、IT活用で後れを取るメガバンクは、協調と競合の間で選択を迫られることになる。

 「今の金融は10年、20年前に考えられたサービス。(既存金融機関が)やってこなかった領域を我々がトライする」。東京都内で開かれた記者会見。ラインの出沢剛社長は、新サービスの提供に意欲を示した。

 同社はこれまで、着々と金融のラインアップを拡充してきた。スマートフォンを使った代金決済に加え、証券や保険の販売に相次ぎ参入。さらに銀行免許を取得すれば預金の受け入れが可能になり、代金引き落としや送金など提供できるサービスは飛躍的に拡大する。7800万人の利用者を抱える同社は膨大なデータを融資に活用することも検討しており、金融業でも若者世代を中心に一気に顧客を拡大する可能性もある。

 こうした状況に危機感を募らせているのが、メガバンクをはじめとする既存の銀行業界だ。複数の銀行口座を一括管理できる「お財布アプリ」といった近年の新規サービスの大半はベンチャー企業が開発したもので、個人向けサービスでの出遅れは明らかだ。今後、LINEばかりかアマゾンやグーグルといったプラットフォーマーが金融業に本格進出すれば「本当の脅威となる」(大手銀幹部)との声も上がる。

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は今回、LINEと組むことで、若者層に自社の金融商品を提供する機会を得るほか、新銀行に融資審査ノウハウなどを提供することで手数料収入拡大につなげたい考えだ。みずほFGの岡部俊胤副社長は「客のニーズは多様化しており、それに合わせて提携を組んでいかないと生き残れない」と語り、プラットフォーマーとの提携無しに今後の成長は困難との見方を示した。ある大手銀幹部は「どの業務を死守し、どの業務をプラットフォーマーに委ねるか考える時期が来る」と予測している。