あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2018.12.10 警察無線がYouTubeにアップされる。

日本はスパイ天国、とは以前から言われていましたが、警察無線がユーチューブにアップされるという斬新なニュースが入りました。

アップするほうもするほうですが、あっさりもれてしまう警察無線もどうかと思われる今日このごろ。

平成も来年5月で幕を閉じるわけですが、新元号の元、少しはまともな国になるんでしょうか日本は。

規制、規制で、受動喫煙しかり、昭和では考えられなかった概念ばかり増えて窮屈なイメージしかなかった平成。

次はもうちょいゆとりがある時代にしてほしいもの。

 

以下ニュース引用です。共同通信より。

 

 警視庁の警察無線の音声が11月、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されていたことが8日、警視庁への取材で分かった。2009年に起きたひき逃げ事件のやりとりで、関係する車のナンバーや所有者の名前などの個人情報が含まれていた。警視庁はサイトを運営するグーグルに依頼し、8日までに削除された。

 警察無線は暗号化されており、外部から聞くことができない仕組みになっている。警視庁は、傍受された可能性があるとみて、経緯を調べている。

 警視庁によると、ユーチューブには動画3本が投稿された。動画を見た人からの通報で発覚した。