あのとき歴史は動いた?

1日1記事。わたしが気になったニュースを国内・海外からpickup。独断と偏見でコメントも添えてお届けします。古代より日記は史料として貴重な財産。現在の「○○を食べた」「○○と今日はデート」的な個人ブログとは一線を画してお届けします。

2019.5.19 令和元年最初のクラシックは4戦4勝無敗のラヴズオンリーユーが制覇。

DMMバヌーシーは気軽に馬主になれるというのが売りですが、まあ収支は誰も期待してはいないのではないでしょうか。

と思っていたら、今年はジェンティルドンナの全妹がいたり、キタサンブラックの全弟がいたりと、2歳も期待できそうだなという印象。

 

そんなDMMの代表産駒はキタノコマンドールだったわけですが、早々にこの馬がG1勝利第一号となりました。

全兄・リアルスティールがダービーで泣いたのと同じ府中の芝2400mでくしくもリアルスティールを破ったドゥラメンテの鞍上だったミルコ・デムーロ騎手が騎乗したラヴズオンリーユー。

 

忘れな草賞から直行というオークス裏ローテで見事無敗でのオークス制覇となりました。

令和元年最初のクラシックとなったオークス

2着のカレンブーケドールの津村騎手、積極的な抜け出しで見せ場たっぷりかつ能力も相当、という内容で接戦の2着。

秋に逆転なるか、はたまたマイル路線にいったグランアレグリアとの秋華賞での対戦はあるのか。

 

ニュースは以下引用です。サンスポより。

 

 5月19日の東京11Rで行われた第80回オークス(3歳オープン、牝馬、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、M.デムーロ騎手騎乗のラヴズオンリーユー(栗東矢作芳人厩舎)が勝利。デビューから無傷4連勝で一気に3歳牝馬の頂点まで駆け抜け、令和最初のクラシックウイナーに輝いた。タイムは2分22秒8のレースレコード(良)。

 2着にカレンブーケドール(12番人気)、3着にはクロノジェネシス(2番人気)が入った。

 ラヴズオンリーユーは、ドバイターフを制したリアルスティールの全妹で、デビュー戦から3連勝で前走の忘れな草賞を勝利。連勝の勢いそのままに挑んだ初の大舞台でM.デムーロ騎手の手綱に導かれ、史上5頭目の無敗でのオークス制覇を果たした。

 無敗でのオークス制覇は、2006年の力ワカミプリンセス以来、13年ぶり5頭目の偉業。また、同レースを春季に実施するようになった1953年以降、キャリア3戦でのオークス制覇は、力ワカミプリンセスに並ぶ最少キャリア優勝となった。

 なお、鞍上のM.デムーロ騎手は5度目の挑戦でオークス初勝利。これで史上10人目のクラシック完全制覇を果たすと同時に、歴代4位タイのクラシック通算9勝目となった。

 さらに生産牧場のノーザンファームはこれで大阪杯アルアインから桜花賞グランアレグリア皐月賞サートゥルナーリア、天皇賞・春フィエールマン、NHKマイルCアドマイヤマーズ、ヴィクトリアマイル・ノームコアに続くGI7連勝の偉業を果たした。

 オークスを勝ったラヴズオンリーユーは、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、母の父Storm Catという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主はDMMドリームクラブ(株)。通算成績は4戦4勝。